本文へ移動

農業人~あぐりすと~

イチジク栽培

松浦 辰美 組合長 福山市曙町
《福山いちじく出荷組合》
福山いちじく出荷組合は、生産者38戸が約9haで、熟すと甘みが増す品種「蓬ほう莱らい柿し 」を栽培しています。
熟したイチジクは、甘みが強い反面、傷みやすいため、生産者は早朝に収穫作業を行ない、その日のうちに福山グリーンセンターの選果場へ持ち込みます。
10月中旬まで収穫作業を続け、地元福山や広島の卸売市場へ送り出します。
農業人_イチジク栽培
農業人_イチジク園地
農業人_イチジク
農業人_生産者とイチジク

就農したきっかけは?

専業農家の両親がイチジクを栽培していて、私も会社に勤めながら農作業を手伝っていました。いつか農業を引き継ぐ思いがあった中、定年退職の少し前に父が亡くなり、就農することを決意。最初はなかなか思うようにいきませんでしたが、組合が実施する研修や、先輩農家との情報交換などで、徐々に栽培技術を身に付けていきました。

栽培で大事にしていることは?

受光環境を調整する新梢管理や、焼け果にならないように小まめに潅水するなど、栽培管理を徹底しています。特に、樹勢を確認して枝数を調整する新梢管理は、良質出荷するための重要作業なので、組合では5月に実技研修を行ない、意識統一を図りました。
そうした取り組みの結果、今年も着色・玉太り良く、高糖度なイチジクに仕上がっています。

ウィーブ読者にメッセージを!

生産者が一丸となって品質管理に努め、上質なイチジクを出荷しています。旬を迎えた自慢の特産を、ぜひ味わってください。
また、組合では担い手育成を目指して、新規就農者を募集しています。生産技術力や経営管理能力など円滑に習得できるよう、現地実習や講義を行なっているので、興味がある方は一緒に栽培しましょう!
わたしのイイね!
=私の「いいね!」
カラオケが好きです。
コロナ禍で外出が難しいため、自宅でYouTubeを見ながら、鳥羽一郎さんの「兄弟船」などを歌って楽しんでいます。

豆知識

豆知識
アラビア半島が原産とされるイチジクは、葉をアダムとイヴが身に付けていたというほど、古くから栽培されている果物です。
上品な甘みとやわらかな酸味は、果糖とクエン酸によるもの。乾燥したものは生薬に使われ、美肌効果が期待できます。また、ペクチンなど食物繊維も多く含まれているので、腸内環境の改善やコレステロール低下に役立ちます。
購入するときは、ふっくらとして果皮にハリと弾力があるものがよいです。ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存し、早めに食べ切りましょう。ジャムやコンポートにするのもおすすめです。
農業振興支援事業


マイナビ2023
TOPへ戻る