本文へ移動

年金相談

年金相談室

厚生年金受給権発生以降の加入期間の年金額への反映

【相談事例】
私は昭和33年5月生まれの女性で、61歳から在職老齢年金を受給しています。
65歳まで勤務する予定ですが、今後加入する厚生年金加入期間は、いつ年金額に反映しますか?
年金相談
【回答】
61歳から受給している特別支給の老齢厚生年金額については、61歳の前月までの厚生年金加入期間・報酬・賞与により決定されています。
特別支給の老齢厚生年金は、65歳到達月で権利がなくなり、65歳からは老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給権が発生します。
老齢厚生年金の年金額を計算する際に、61歳到達月から65歳到達月の前月までの被保険者期間・報酬・賞与も含めて年金額が再計算されますので、この時点で年金額に反映します。

年金のことなら何でもお気軽にご相談を!

平日無料相談

ご都合のよい日に相談をお受けします。
お近くの本店・支店にお問い合わせください。

☆より詳しいご相談のため、以下のものをご持参ください。
 〇ご本人・配偶者の「年金定期便」
 〇ご本人・配偶者の「年金手帳」「基礎年金番号通知書」
 〇認印
 〇お勤めされていた方は「雇用保険被保険者証」
 〇すでに年金を受給中の方は、ご本人・配偶者の「年金証書」


マイナビ2023
TOPへ戻る